月々のレンタル費用だけで家具・家電をおトクにレンタル

らくらくライフ ロゴ

お電話でのお見積・お問い合わせ
TEL0120-34-7773
お問い合わせ カートを見る

open

ライフスタイルコラムBlog

2016/12/19

一人暮らしにかかる電気代を安くする方法

電気代を安くするには契約を換えるという方法があります

33585a0f9bfb228aa1cde2e0524b4969_s

一人暮らしをしていて電気代が高いと感じたことはありませんか。
家にほとんどいないのに何でこんなに高いんだとか、電気代が家計に響いて大変だとか、一人暮らしをしていると電気代について、いろいろと考えるタイミングがあります。
一人暮らしで電気代を安くしたいと思ったなら、一番手っ取り早いのは、いまの契約を見返して、契約しているアンペア数を減らすということです。
一人暮らしに適したアンペア数は、部屋の数や環境などにもよりますが、おおむね30アンペアといわれています。
電気代は、契約するアンペアによって固定額が変わり、数字が低い方がやすくなりますので、もし、今の契約が40アンペア以上であれば30アンペアに契約しなおすことで、電気代を下げることが出来ます。
同様に、20アンペアに減らして、一人暮らしだしちょっとずつ電気を使う生活に換えても電気代は安くなるはずです。
使っている家電製品をチェックしてみましょう

%e6%9c%aa%ef%bc%96

アンペアの変更ではなくて電気代を安くしたいとなると、家電製品を換えるという選択肢があります。
家電製品は、日々省力化が進んできており、昔の家電製品よりも最新の家電製品の方が電気の使用量がすくなくて済むように設計されているモノがほとんどです。
電気の使用量が少なくて済むということは、電気代がかからないということです。
一人暮らしで、いま使っている家電製品がいつ製造されたモノで、その後継として発売された家電製品と比較して、消費電力などに差があれば、新しい家電製品に替えた方が電気代は安くなるはずです。
同じように、同じ時間、その家電を使っていて、その機能を享受しつつも、昔の家電よりも今の家電の方が電気代が抑えられるならいいですよね。
多くの家電製品にはシールが貼ってあって、製造年が書いてあるので、電気代を安くできるかどうかをチェックするためにも、いまの一人暮らしで使っている家電が作られた年を調べてみましょう。
最新家電に換えることで電気代を節約することが出来ます

%e6%9c%aa%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bc%93

いまの科学技術は日進月歩で飛躍しているので、製造年が5年前ともなれば、最新の家電に換えた方が電気代が安くなるかもしれません。
電気代は安くしたいけれど、買い換えるようなお金がないという方には、最新の家電をレンタルするという方法もあります。
買い換えるほどの金額はもちろんかからずに手に入れることが出来て、しかも月々の電気代も安くなっていくとすると、今のモノを使い続けるよりも得をするという場合も多いです。
そうしてレンタルで使っていて、新しい製品が出たら、またそれをレンタルするという繰り返しにすれば、家電製品の処分費用もかからない上に、最新機能を享受して、なおかつ電気代も安く使うことが出来るのです。
一人暮らしを始めると言う際にも、最初からレンタルで最新家電を導入しておくと、電気代を安く抑えられて生活していけるかもしれませんね。

ご利用の流れFlow

商品・期間を選択

まずは商品を選択してください。商品を決めてから注文を確定するまで5分程度で終わりますので、どなたでも簡単にご利用いただけます。

注文する

お客さまのご希望日に合わせて商品を配送いたします。予約フォームに第三希望日まで、ご記入ください。
また、最低の契約期間は1年間になりますのでご了承ください。

受け取る

弊社の配送スタッフが責任を持って商品をお届けいたします。その後組立てから 設置まで実施致します。

利用・延長する

商品当日からご安心してご利用いただけます。万が一、商品の交換や修理が 必要なことがございましたら、代替品をお届けするので、お電話にてご連絡ください。

返却する

返却を希望される方は、弊社にご連絡ください。返却希望日をお伝えの上、当日は立会いのほどよろしくお願いいたします。