月々のレンタル費用だけで家具・家電をおトクにレンタル

家電レンタル・家具レンタルのサービスのことならお任せください【らくらくライフ】

お電話でのお見積・お問い合わせ
TEL0120-34-7773
お問い合わせ 提携不動産会社 カートを見る

open

ライフスタイルコラムBlog

2017/03/31

一人暮らしの家電製品の選び方

一人暮らしのための賢い家電の選び方

2017-3-31

一人暮らしを始める方は、自分の理想の暮らしが出来ると胸が高なっていることでしょう。でも一人暮らしとなると、独立して生活すること、つまり自分で生活しなくてはいけません。生活するためには家電をそろえないといけません。家電を揃えるにはけっこうお金がかかります。そこで、家電の賢い選び方を私の知ってる範囲で紹介したいと思います。
一人暮らしのための家賃、家具購入で、家電にあまりお金をかけられない方は、実家で使わない物、2台あるものを出来るだけ持って行きましょう。親戚や友達に声をかけるのもおすすめです。リサイクルショップで購入するのも普通に買うより安いと思います。
次は少し貯金があってお店で購入する方への家電の選び方です。まず何年使用するか考えます。一人暮らしを何年するか、一人暮らしが終わった後はその家電をまだ使うかを考えて、それに合わせて選び方もかえなければいけません。兄弟がいて自分と同じように一人暮らしをして使用するといった学生さん。結婚するまでは使用するといった社会人さん。一人暮らしでもいろいろ違うことでしょう。学生さんで、次に使う兄弟もいない、卒業後は実家に帰って就職といった、数年限定での家電使用の方は、安い家電で十分だと思います。学食もあるので、家では料理もしないなら小さい冷蔵庫、温めだけのレンジ(なくてもコンビニでしてもらえます)、炊飯器(なくてもレトルトやコンビニがあります)。洗濯機(1人だと一番小さい乾燥機付きでないもので)、掃除機くらいでしょうか。 社会人さんや、後で使う方がいる場合は長い目でコスパなども考えた家電の選び方をした方がいいと思います。結婚しても一人暮らしの時に使用していた家電をサブで使っている人をよく見ます。結婚した後、自分の部屋用にテレビがあるといいですよね。子どもが生まれるまでは、ご飯の量も夫婦二人なので、一人暮らしの時に使っていた炊飯器を使うこともできます。冷蔵庫は一人暮らしの部屋に置ける大きさだと小さいので、結婚後は大きい良い物に買いかえることになります。冷蔵庫は料理をするか、冷凍食品を保存するかなどを考えて、冷凍部分の大きさなどを見て購入して下さい。ご飯を沢山炊いて冷凍しておくといった、食費、電気料金を節約する方もいるでしょうし。トースターは安いですが、食パンは焼かないと食べられない方に必要ですが、あまりトースターを使った料理をしない方には必要ないと思います。
一人暮らし専用パック、などといった一人暮らしにちょうど良い家電をセットでお得に売り出している、家電を量販店も春には多いので、いろいろな量販店ネットやチラシで調べてみるのも、賢い選び方だと思います。一人暮らしする街にもその量販店があれば、故障したときにも助かります。ポイントが貯められる量販店も良いですね。
快適な一人暮らしのために、自分に合った家電の選び方をして下さい。

ご利用の流れFlow

商品・期間を選択

まずは商品を選択してください。商品を決めてから注文を確定するまで5分程度で終わりますので、どなたでも簡単にご利用いただけます。

注文する

お客さまのご希望日に合わせて商品を配送いたします。予約フォームに第三希望日まで、ご記入ください。
また、最低の契約期間は1年間になりますのでご了承ください。

受け取る

弊社の配送スタッフが責任を持って商品をお届けいたします。その後組立てから 設置まで実施致します。

利用・延長する

商品当日からご安心してご利用いただけます。万が一、商品の交換や修理が 必要なことがございましたら、代替品をお届けするので、お電話にてご連絡ください。

返却する

返却を希望される方は、弊社にご連絡ください。返却希望日をお伝えの上、当日は立会いのほどよろしくお願いいたします。