月々のレンタル費用だけで家具・家電をおトクにレンタル

家電レンタル・家具レンタルのサービスのことならお任せください【らくらくライフ】

お電話でのお見積・お問い合わせ
TEL0120-34-7773
お問い合わせ 提携不動産会社 カートを見る

open

ライフスタイルコラムBlog

2017/04/12

【学生】初めての部屋探しで注意したい5のポイント

学生が初めて部屋を探すときのポイントその1、その2

2017-4-12-1

学生で初めて部屋を借りることになる場合、どのようなポイントを考慮するべきかで悩むことがあります。まず最初に考えるべきなのはスペースです。多くの学生はワンルームアパートやマンションに部屋を借りることになるわけですが、使い勝手が良いか悪いかの大半は部屋のスペースによって決まります。そのためまず一番に考慮するべきポイントは、部屋そのものの広さです。
部屋に十分なスペースがなければたくさんのものを置くことはできません。そのため必需品を置くだけのスペースがあるかどうかは必ず確認します。また2つ目のポイントとして、キッチンや洗濯機を置く場所のスペースも確認します。学生は節約のために自炊することが多々あります。そのため狭くて使いにくいキッチンですと、何かと苦労します。また洗濯室に関しても同様で、使いにくそうな狭いスペースしか有していないところは考慮が必要です。

 

学生が初めて部屋を探すときのポイントその3、その4

2017-4-12-2

学生が初めて部屋を探すときのポイントの3つ目は、収納です。収納がある部屋ですと、それだけ居住スペースも広くなります。しかし収納が少ないとそれだけものを室内に置かなければならなくなります。またワードローブクローゼットなどを購入しなければならないこともあり、初期費用がかさんでしまうことにもなりかねません。ワンルームアパートの中には収納用のロフトがついているところもあり、そうした部屋は横幅を縮めないために、部屋を広く使うことができます。
そして4つ目のポイントは築年数です。古いものは家賃が安いというメリットがありますが、そのような環境に馴染めないという学生もいます。しかし外見が古くても、内装が新しくされているところもありますので、必ず室内を見てから決めるべきです。

 

学生が初めて部屋を探すときのポイントその5

2017-4-12-3

学生が初めて部屋を探すとき、やはり一番気がかりなのは家賃でしょう。これが5つ目のポイントです。家賃は部屋が古かったり、不便なところにあると安くなります。また当然のことながら部屋が狭いものは、広いものに比べると家賃が安い傾向にあります。
先にも述べたように、古い部屋に抵抗を感じる学生もいます。もしそのような状況でストレスを感じてしまうのであれば、勉強に集中できなくなってしまうでしょう。そのため家賃と体を十分に休める環境との兼ね合いを考慮し、部屋探しを行うべきです。逆にどのような環境であっても、とにかく家賃の安い部屋に住みたいという学生の場合、古いところや不便なところに存在する部屋を当たってみることができます。
学生の部屋探しは何を一番の基準とするかをはっきりさせ、それに基づいて行動することが必要なのです。

ご利用の流れFlow

商品・期間を選択

まずは商品を選択してください。商品を決めてから注文を確定するまで5分程度で終わりますので、どなたでも簡単にご利用いただけます。

注文する

お客さまのご希望日に合わせて商品を配送いたします。予約フォームに第三希望日まで、ご記入ください。
また、最低の契約期間は1年間になりますのでご了承ください。

受け取る

弊社の配送スタッフが責任を持って商品をお届けいたします。その後組立てから 設置まで実施致します。

利用・延長する

商品当日からご安心してご利用いただけます。万が一、商品の交換や修理が 必要なことがございましたら、代替品をお届けするので、お電話にてご連絡ください。

返却する

返却を希望される方は、弊社にご連絡ください。返却希望日をお伝えの上、当日は立会いのほどよろしくお願いいたします。