月々のレンタル費用だけで家具・家電をおトクにレンタル

家電レンタル・家具レンタルらくらくライフ ロゴ

お電話でのお見積・お問い合わせ
TEL0120-34-7773
お問い合わせ カートを見る

open

ライフスタイルコラムBlog

2017/02/19

家電の処分費を考えるなら買うよりレンタルの方が安い

家電品の購入の方がレンタルより安いという考え

%e6%9c%aa%ef%bc%92

家電品を使うとなると、2つの選択肢が浮上します。家電品を購入する選択肢と、レンタルという手段があるのです。
その2つは、よく比べられる傾向があります。それで処分料金などを考えると、家電品のレンタルをする方が望ましいという意見がとても多いです。
そもそもどちらの方法で家電品を使うにしても、必ずお金は払う事になります。もちろん家電品を購買する為には、所定のお店にお金を払う訳です。レンタルも、担当会社に対して借りる料金を支払う事になります。
それで一見すると、購入の方が安く見える事があるのです。購入費用は2万円ですが、レンタル費用は月に1,000円前後といった具合です。
人によっては製品を長らく使う事を検討しています。そういう時は、むしろ購入の方が安く済むのではないと考えられる事もあるのです。

 

家電品を処分する料金とレンタルをするメリット

%e6%9c%aa%ef%bc%95%ef%bc%97

ところで購入した家電製品は、いずれは廃棄処分なども行う事になります。製品をずっと使い続けることが可能なら良いですが、物には経年劣化があります。やはり長く使い続ければ、製品に対する劣化も生じる訳です。
そして最近では、新しい製品も次々と登場しています。時には製品の乗り換えを検討する事もありますし、引越しに伴って製品を処分する事も大いにあり得る訳です。
ところで家電品に対する処分料金は、無料ではありません。処分をする際には、所定の料金は払う事になるのです。
そもそも製品は、大抵は粗大ゴミ扱いになります。ですから自治体で処分してもらう時には、所定のお金を払う事になるのです。また専門の処分業者で廃棄をしてもらう時にも、やはり所定のお金を払う事になります。
そしてレンタルには、その処分料に関するメリットがあるのです。

 

トータル額を考えれば家電品の購入よりレンタルの方がお得

%e6%9c%aa%ef%bc%95%ef%bc%90

それで上記のように2万円と月1,000円という状況を考慮すると、かえってレンタルの方が安く済む場合があります。
確かに20ヶ月は使い続ける可能性はあるのです。しかし20ヶ月目に、残念ながら製品の処分が必要になる場合があります。その際に処分料が5,000円ほど生じた時には、購入して家電品はトータル25,000円払う事になります。
ところがレンタルの場合は、処分料金の支払い義務は一切ありません。無料になっているのです。そもそもレンタルならば、所定の料金内で製品を交換する事もできます。
そして20ヶ月目ならば、レンタル料のトータル額は2万円ちょうどになる訳です。購入した時と比べれば、明らかに5,000円ほど安い計算になります。
こういった金額面に関する要素を考慮すれば、やはり家電品の購入よりレンタルの方が良いと言える訳です。

ご利用の流れFlow

商品・期間を選択

まずは商品を選択してください。商品を決めてから注文を確定するまで5分程度で終わりますので、どなたでも簡単にご利用いただけます。

注文する

お客さまのご希望日に合わせて商品を配送いたします。予約フォームに第三希望日まで、ご記入ください。
また、最低の契約期間は1年間になりますのでご了承ください。

受け取る

弊社の配送スタッフが責任を持って商品をお届けいたします。その後組立てから 設置まで実施致します。

利用・延長する

商品当日からご安心してご利用いただけます。万が一、商品の交換や修理が 必要なことがございましたら、代替品をお届けするので、お電話にてご連絡ください。

返却する

返却を希望される方は、弊社にご連絡ください。返却希望日をお伝えの上、当日は立会いのほどよろしくお願いいたします。