カテゴリーから探す

Appliance Set家電セットレンタル

商品一覧

お支払い方法について

お支払い方法は年額払いと月額払いの2種類を選択いただけます。
※らくらくライフのご注文は商品点数2点以上なおかつ、商品合計金額月々2,000円以上になります。
(セット商品は1セットからご注文可能です)

※月々払いはクレジットカード払いのみとなります。
※月々レンタルの場合、最低ご利用期間は1年間となりますのでご了承下さいませ。
※一度のご注文で異なる支払い条件(月額払いと年額払い)を選ぶことはできません。
※支払い条件を変更する場合は、カートの中身を空にする必要があります。

年額払いに変更する

年額払いの方は上のボタンをクリックして年額払いに変更して商品のレンタルにお進みください。

冷蔵庫メンテナンス動画
洗濯機メンテナンス動画
電子レンジメンテナンス動画

家電をレンタルするメリットとデメリットは?借りる際の注意点も解説します

「家電レンタルを利用するか悩んでいる」 「家電レンタルのメリットとデメリットって?」

と気になっている方もいるでしょう。

家電レンタルは購入よりも安く便利に家電を借りることができるサービスです。多くのメリットがあるため、これから一人暮らしや引っ越しを考えている方に向いていると言えます。

今回の記事では、家電レンタルについてメリットとデメリット、そして借りる際の注意点を詳しく解説します。家電レンタルサービスの利用を検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

家電をレンタルするメリット5選

家電レンタルを利用するメリットはたくさんありますが、主なものとしては以下の5つがあげられます。

  • ・購入よりも費用が安い
  • ・家電を家まで運んでくれる
  • ・引取り時も回収に来てくれる
  • ・家電のグレードを選べる
  • ・故障時の対応をしてもらえることも

各メリットについて詳しく見ていきましょう。

購入より費用が抑えられる

家電メリットの最大のメリットは、なんと言っても料金の安さです。家電は一つ一つが高いため、一人暮らし時などに一式揃えようとすると金成の値段になります。
しかし、家電レンタルなら月に数千円ほどで利用することができ、購入するよりもずっと安い値段で家電を揃えることができます。
また、一人暮らしや引越しなどでは、ただでさえお金がかかります。家電レンタルを利用することで、引越しの初期費用を抑えることができるでしょう。

家電を家まで運んでくれる

家電を安く揃えたい場合、中古の家電を購入するという方もいるかもしれません。しかし、リサイクルショップなどで中古の家電を購入した場合、配送は自力または高めの配送料がとられてしまいます。
大きな家電を自分で運ぶのは手間がかかりますし、配送料を負担すればせっかく安く購入できても意味がないでしょう。

レンタル家電であれば、安い配送料で家電を運んでくれます。冷蔵庫や洗濯機など重たい家電であっても業者が家まで運んでくれるので、手間もお金もかけずに家電を手に入れられます。

引き取り時も家まで回収に来てくれる

通常、家電が不要になれば処分をする必要があります。大型家電になると、処分をするのにも手間やお金がかかります。 レンタル家電であれば、不要になれば回収を依頼するだけで十分です。 引き取りを依頼すれば家まで取りに来てくれるので、手間をかけずに簡単に手放すことができます。

家電のグレードを選べる

家電をレンタルする際、家電の種類やサイズの指定が可能です。それだけではなく、家電のグレードが選べることもあります。

通常のレンタルよりは少し値段が高くなりますが、最新式の家電を使いたい、より高機能の家電を使いたいと考える方には向いているでしょう。もちろん、購入するよりもはるかに安い値段で借りられます。

家電をレンタルするデメリットは?

ここまで、家電をレンタルするメリットを紹介しましたが、デメリットはあるのでしょうか?
もちろん、購入と比べた際のデメリットは存在します。レンタル家電のデメリットは主に以下の2つ。

  • ・家電の種類が限定されている
  • ・自分のものにはならない

2つのデメリットについて解説します。

家電の種類がある程度限定されている

レンタル家電は、家電の種類が限定されています。なので、使いたい家電にこだわりがある場合、満足のいく家電が見つからないこともあります。

どうしても使いたい家電があるのなら、自分で購入した方が良いかもしれません。

自分のものにはならない

購入した家電とは違い、レンタル家電はどれだけ長く使っていても自分のものにはなりません。いずれは返さなければならないため、自分のものにしたいという方には向いていないでしょう。

しかし、自分のものにはならないとはいえ、強制的に返還を要求されるわけではありません。むしろ、どれだけ使用したものでも不要に慣ればすぐに回収してもらえるというのは、レンタル家電の大きなメリットです。
どうしても自分のものにしたいというわけでなければ、特に気にする必要はないといえます。

レンタル時に気をつけること

家電をレンタルするときは、以下の5点を確認するようにしてください。

  • ・レンタル期間
  • ・追加料金の有無
  • ・支払い方法
  • ・家電は新品か・中古か
  • ・故障対応の有無

レンタル期間はどのくらいか

レンタルできる期間が最大どのくらいか、ということは必ず確認しておいた方が良いです。例えば単身赴任などで2年だけの予定と思っていても、赴任期間が伸びて想定していたより長く借りなければならない、という可能性もあるからです。

レンタル期間が途中で終了した場合、まだ家電を利用したいのに返却しないといけないということにもなります。あらゆる事態に柔軟に対応できるよう、最大で何年借りれるのか、そして延長料金などはかかるのかということは確認しておきましょう。

追加料金などの有無

追加料金の確認も重要です。特に以下の料金については、実際に借りる前によく確認しておいた方が良いと言えます。

  • ・キャンセル料
  • ・配送料や回収料
  • ・解約金
  • ・延長料金
  • ・故障時の対応料金

支払い方法について

支払い方法は、サービスを提供している業者によって異なります。一括での現金支払い、口座振替、銀行振込、クレジットカード、デビットカードなどが多種多様です。自分が希望する支払い方法に対応しているかどうかはチェックしておきましょう。

家電は新品か・中古か

レンタル家電は、一度誰かが使用したリユース品が多いです。もちろん、リユース品であっても綺麗に掃除したうえでメンテナンスを行い、正常に動くかどうかテストを行なったものを貸し出しています。また、善良な業者であれば、あまりにも古いものは取り扱わず製造から5年以内のもののみ貸し出す、などの基準を設けています。
とはいえ、中古ではなくて新品が良いと思う方もいるでしょう。そういった方は、新品を取り扱っている業者で新品の家電をレンタルするようにしてください。

故障対応の有無

家電は自分の予想のつかないタイミングで故障するものです。業者にとっては故障対応がないところもあるので、事前の確認が重要になります。また、対応をしてくれるとしても、有償か無償かという点も確認しておいた方が良いでしょう。
いくらレンタル費用が安くても故障対応がないまたは有償の場合、修理代としてかなりの費用がかかってしまう可能性があります。

まとめ

今回の記事では、レンタル家電のメリットやデメリット、そして借りる際の注意点について解説しました。レンタル家電は家電を購入するよりもメリットが多く、特に引越し時の初期費用を抑えたい方にはおすすめのサービスです。

もちろんメリットばかりではありませんが、確認すべき事柄をよく確認してからレンタルをすれば、問題なく利用することができるでしょう。

これから引っ越しを考えている、家電を新しく用意したいと考えているなら、ぜひレンタル家電サービスを利用してみてくださいね。

お問い合わせ

お気軽にお見積・お問い合わせください

カート
トップへ戻る