カテゴリーから探す

洗濯機 レンタル

商品一覧

お支払い方法について

お支払い方法は年額払いと月額払いの2種類を選択いただけます。
※らくらくライフのご注文は商品点数2点以上なおかつ、商品合計金額月々2,000円以上になります。
(セット商品は1セットからご注文可能です)

※月々払いはクレジットカード払いのみとなります。
※月々レンタルの場合、最低ご利用期間は1年間となりますのでご了承下さいませ。
※一度のご注文で異なる支払い条件(月額払いと年額払い)を選ぶことはできません。
※支払い条件を変更する場合は、カートの中身を空にする必要があります。

年額払いに変更する

年額払いの方は上のボタンをクリックして年額払いに変更して商品のレンタルにお進みください。

洗濯機メンテナンス動画

洗濯機のレンタルはどんな人に向いている?洗濯機の 選び方・メリット・注意点も徹底解説

「洗濯機は購入とレンタルどちらの方が良い?」

と悩んでいる方もいるかもしれません。

洗濯機は生活に必須の家電のため、これから一人暮らしをする方は購入を検討していることでしょう。しかし、洗濯機は大型家電であり、費用が高い上に購入をしても搬入や設置が面倒というデメリットがあります。

そのため、レンタルをするという選択肢を考えている方もいるでしょう。となると気になるのが、レンタルと購入はどちらが良いのかということです。

今回の記事では、以下のことについて解説します。

  • ・洗濯機のレンタルがおすすめの人
  • ・洗濯機の選び方
  • ・洗濯機をレンタルするメリットと注意点

今回の記事は、洗濯機を購入するかレンタルするか判断する助けになるはずです。これから洗濯機を用意する人はぜひ参考にしてください。

洗濯機のレンタルがおすすめな人

洗濯機を用意する際、購入よりもレンタルが向いているのは以下のような人です。

  • ・住む期間が限定されている
  • ・身軽に引っ越しをしたい
  • ・購入前に試したい

各特徴について詳しく解説していきます。

大学生や単身赴任など住む期間が限定されている人

大学生や単身赴任など、その土地で一人暮らしをする期間が決まっている方にはレンタルが向いています。

洗濯機は大型家電であり、購入しようと思うと数万円はかかります。期間限定の一人暮らしの場合、数年のために何万円も支払うのはもったいないと感じてしまうかもしれません。

レンタルなら借りた期間だけ料金を支払うことになるので、無駄なお金はかからないと言えます。短期間の一人暮らしであれば、購入費用よりもレンタル費用の方が圧倒的に安くなりお得です。

身軽に引っ越しをしたい人

引っ越し時に家電を持って移動するのは非常に大変です。家電の搬出や搬入、設置に手間がかかるだけでなく、お金もかかります。身軽に引っ越ししたい方にとっては、洗濯機のような大型家電は邪魔に感じてしまうでしょう。
レンタル家電なら、必要な時に持ってきてもらえて、不要になればすぐに引き取ってもらえます。そのため、引っ越し時にわざわざ洗濯機を移動する手間もなく、身軽に移動することができます。

購入前にお試しで使ってみたい人

洗濯機を使わず、コインランドリーを使用して生活している人もいます。そういった方からすると、洗濯機は必要なのかと疑問に思うかもしれません。また、それだけでなく新しく洗濯機を買い替えようと思っている人からしても、新強い洗濯機じゃないとダメなのかと考えてしまうこともあるでしょう。

レンタル家電は、購入前にお試しとして使うことにも向いています。短期間レンタルできるサービスを使用すれば、本当に必要なのかを見極められるはずです。
さらに、家電レンタル会社の中にはドラム式洗濯機や最新のモデルをレンタルできるところもあります。

実際に使用してから購入するかどうかを決めたいのであれば、レンタルを活用するようにしてください。

洗濯機の選び方

洗濯機を選ぶときは、まず容量を考えるようにしましょう。一人暮らしか二人暮らしか、または生活スタイルによって必要な容量は変わります。

それだけでなく、縦型とドラム式のどちらが良いのかという点でも選べます。自分の望む機能と予算に合わせて選ぶようにしてください。

容量を決める

洗濯機の容量は、一度に洗濯できる洗濯物の量で表されます。一人暮らしであれば5キロ前後で十分です。二人暮らしであれば5〜7キロあたりが良いでしょう。

容量は暮らしている人数だけでなく、生活スタイルや洗いたいものによっても変わります。週末にまとめ洗いをしたければ多めの容量がおすすめです。毛布や布団を洗いたいのであれば、一人暮らしでも7〜8キロの洗濯機を選ぶようにします。

縦型かドラム式

通常の縦型の洗濯機は、洗濯からすすぎ、脱水まで行ってくれます。しかし、洗濯物を干して乾かす作業は手で行わなければなりません。ドラム式洗濯機は、乾燥までを自動でおこなってくれます。
忙しい方にとっては、ドラム式洗濯機はとても便利です。しかし、ドラム式洗濯機は高機能な分、縦型の洗濯機より値段が高くなります。
それだけではなく、ドラム式洗濯機は縦型洗濯機と比べてサイズがかなり大きいです。そのため自分の家の設置スペースや搬入経路に入らないといった可能性も出てきます。

縦型にするかドラム式にするかは、機能だけでなく費用やサイズについてもよく考えた上で選ぶようにしてください。

洗濯機をレンタルするメリット

洗濯機のレンタルは、購入と比べて3つのメリットがあります。

  • ・配送をしてもらえる
  • ・不要時には回収してもらえる
  • ・故障対応も任せられる

どれも洗濯機が大型家電であるがゆえのデメリットを解消してくれるものです。洗濯機にかける労力を減らしたいと考えている人にとっては特に大きなメリットになりますので、ぜひレンタルを取り入れてみてください。

配送をしてもらえる

多くのレンタル家電は、レンタル時に無償で家電を配送してくれます。ただ配送してくれるだけでなく、家の中まで搬入、設置をしてくれるので手間なく用意することができます。

自分で運んだり設置するのが面倒だと感じる人にとっては、特に大きなメリットだと言えるでしょう。

不要な時も回収してもらえる

引越しや買い換えなどで現在使用している洗濯機が不要になった場合、レンタル家電ならすぐに回収をしてもらえます。処分や売却を考える必要がないので、手軽に手放すことができるでしょう。

もちろん、回収の時も洗濯機はスタッフが運び出してくれます。このタイミングでも自分で運ぶ必要がないのは大きな魅力です。

故障対応もおまかせできる

購入した洗濯機が故障した時は、メーカーに問い合わせて修理を依頼する必要があります。

修理が完了するまでの間はコインランドリーを利用することになるでしょう。修理には時間がかかりますし、その間家で洗濯ができないというのはとてもストレスになるはずです。

レンタル家電であれば、故障をしたときも連絡をするだけで、故障した洗濯機を引き取ってくれます。同じタイミングで代わりの洗濯機を持ってきてくれるので、洗濯機がなくて困るということもありません。

洗濯機をレンタルする時に気をつけること

洗濯機をレンタルする前には以下の事柄について確認するようにしましょう。

  • ・搬入口や通路の幅
  • ・設置場所と洗濯機のサイズ

これらを確認しておかないと、洗濯機を持ってきてもらった時にうまく設置できない事態に陥ります。再配達となると追加料金をとられることもありますので、必ず事前に確認をしてください。

搬入口や通路の幅は十分か

搬入口や通路の幅は前もって測っておくようにしましょう。レンタルする洗濯機の幅と比べて、10センチ程度の余裕があれば、問題なく搬入することができます。
幅の余裕が10センチを切っている場合、もしかしたら搬入がうまくできないかもしれません。レンタルする洗濯機の大きさはひと回り小さいものにする、などといった対応をとることをお勧めします。

設置場所に入るサイズか

設置予定の場所も重要です。必ず設置予定の縦幅や横幅を測るようにしてください。

意外と忘れがちなのが設置場所の高さの測定です。特に、振動が響かないように洗濯機下に台や足を設置する場合、洗濯機を置くと高さがオーバーしてしまうことがあります。
必ず、高さも含めて設置場所のサイズを測っておくようにしましょう。

まとめ

今回の記事では、洗濯機のレンタルがおすすめな人や洗濯機の選び方、レンタル時のメリットや注意点について解説しました。

自分が洗濯機のレンタルがおすすめな人に当てはまっている場合、ぜひレンタルを検討してみてください。

レンタルには多くのメリットがありますが、特に洗濯機のような大型家電はレンタルをすることで搬入・搬出の手間がかからないという点が魅力でしょう。

また、洗濯機を家に入れる際は、搬入口や通路、設置場所のサイズに問題がないか測っておくことも忘れないようにしてくださいね。

お問い合わせ

お気軽にお見積・お問い合わせください

カート
トップへ戻る