カテゴリーから探す

単身赴任・一人暮らし

商品一覧

お支払い方法について

お支払い方法は年額払いと月額払いの2種類を選択いただけます。
※らくらくライフのご注文は商品点数2点以上なおかつ、商品合計金額月々2,000円以上になります。
(セット商品は1セットからご注文可能です)

※月々払いはクレジットカード払いのみとなります。
※月々レンタルの場合、最低ご利用期間は1年間となりますのでご了承下さいませ。
※一度のご注文で異なる支払い条件(月額払いと年額払い)を選ぶことはできません。
※支払い条件を変更する場合は、カートの中身を空にする必要があります。

年額払いに変更する

年額払いの方は上のボタンをクリックして年額払いに変更して商品のレンタルにお進みください。

初めて一人暮らし・単身赴任をする人必見! 家具家電を揃えるポイントを解説します

「はじめて一人暮らしをするけど、家具家電は何を買えば良い?」

とお悩みの方もいるでしょう。

初めての一人暮らしや単身赴任はとなると、家具や家電を一から揃える必要があります。しかし、何から揃えれば良いのかわからず困ってしまうかもしれません。

今回の記事では初めて一人暮らしや単身赴任をする方に向けて、以下の2点を解説します。

  • ・家具家電を揃えるときのポイント
  • ・最低限必要な家具

これから家具や家電を揃えようと思っている方はぜひ参考にしてくださいね。

家具家電を揃えるときのポイント

引越し前に家具家電を揃えるなら、以下の4つのポイントを押さえるようにしましょう。

  • ・最低限必要なものから揃える
  • ・部屋の間取りや広さに合わせて選ぶ
  • ・搬入口や経路の幅を調べる
  • ・初期費用を抑えるためにレンタルを使う

各ポイントについて詳しく見ていきます。

最低限必要なものから揃える

引越し前に、あれもこれもと家具家電を用意するのは避けましょう。いざ引っ越してみて設置すると、イメージと違っていたり部屋が狭く感じてしまう可能性があるからです。

まずは、最低限必要なものだけを揃えるようにします。そして実際に引っ越してから、部屋の雰囲気や大きさに合わせて一つずつ増やしていくようにしてください。そうすれば、家具や家電選びで大きく失敗することはないでしょう。

部屋の間取りや広さに合わせて選ぶ

一人暮らしや単身赴任の場合、部屋の広さには限りがあります。そのため、欲しい家具や家電がたくさんあっても、スペースの問題で全てを置くことができないかもしれません。

家具や家電を選ぶときは、部屋の間取りや広さにあうものかどうかを考えるようにしましょう。優先順位をつけて、本当に必要なものから買うのがおすすめです。
また、家具家電の大きさにも注意が必要です。前もって設置予定の場所を測り、適した大きさのものを買うようにしてください。

搬入口や経路の幅も要チェック

部屋が狭い場合、搬入口や経路の幅にも注意しなければいけません。

家具や家電の幅よりも搬入口や経路の幅が10センチ以上広ければ、運び入れるときに問題はないでしょう。しかし、それ以下の長さの場合は、運び入れるのが難しいかもしれません。

気をつけなければならないのが、家具や家電は運び入れるときには梱包されているという点です。そのため、梱包時の大きさで搬入口や経路を通るのかというところを確認するようにしてください。

初期費用を抑えるにはレンタルがおすすめ

新しく一人暮らしをする場合、部屋の契約料や引越し代など様々なお金がかかります。初期費用だけでも数十万円は必要でしょう。

となると、家具や家電にあまりお金を割けないという事態になるかもしれません。そういったときにお勧めなのがレンタルサービスです。

レンタルは、当たり前ですが購入よりも安く家具家電を揃えられます。月払いのサービスであれば一つ当たり月数百円で借りられます。初期費用をなるべく抑えつつ、必要な家具家電を用意したいときにはピッタリです。

また、重たい家具家電を家の中まで運んでくれるのも大きな魅力です。自分で搬入する手間が省けるため、ただでさえ忙しい引越し後でも安心して家具家電を家に置くことができます。

必要かどうかわからない家具家電を家に置いてみたいときにも、レンタルは便利です。中途解約料はかかりますが、不要になったときにすぐに手放せます。購入よりも低いハードルでお試ししたいならレンタルするのが一番です。

他にも、故障時の無料交換など、レンタルにはたくさんのメリットがあります。初期費用を抑えるためだけでなく、様々なメリットを享受するためにもぜひレンタルを活用してみてください。

一人暮らしや単身赴任で最低限必要な家具家電は?

一人暮らしや単身赴任で最低限必要な家具家電は以下になります。

  • ・冷蔵庫・電子レンジ・炊飯器
  • ・洗濯機
  • ・カーテン
  • ・寝具
  • ・机と椅子

これだけを用意しておけば、生活していて困ることはないでしょう。他の家具や家電は、生活をしていて必要と感じたタイミングで購入しても十分に間に合います。

特にカーテンと寝具は引越し初日から必要になります。事前に用意しておくのを忘れないようにしてください。

冷蔵庫・電子レンジ・炊飯器

調理用の家電は色々とありますが、まずは冷蔵庫と電子レンジと炊飯器を揃えるのがお勧めです。3つとも、自炊をしないとしてもよく使う家電ですし、あって損はしません。

冷蔵庫は、自炊をしないとしてもなるべく大きめのサイズを用意してください。ホテルにあるようなワンドアのものだと、容量が少なく冷凍もできないためとても不便です。最低限、冷蔵庫と冷凍庫が両方あるものを選ぶようにしましょう。
電子レンジと炊飯器は、冷凍食品を解凍したりお米を炊くのに役立ちます。

洗濯機

洗濯機は最初から用意しておきましょう。コインランドリーを使おうと考えている方もいるかもしれませんが、洗濯したいときにできないというのは不便ですし、コインランドリーを日常的に使うと意外とお金もかかります。

また、洗濯機はサイズが大きいため搬入時に通路を広く開けておいた方が良いです。そのため、引越しの序盤に運び入れておくことをおすすめします。

カーテン

カーテンは、外から部屋を見えなくするために欠かせません。必ず引越し前に用意しておくようにしてください。

カーテンは部屋の中でも閉める面積が大きく、カーテンの色によって部屋の雰囲気が変わります。そのため、どのような部屋にしたいか考えた上でカーテンの色を選んだ方が良いでしょう。

カーテンの色が選びきれない時は、白や黒、ベージュなどのオーソドックスな色にするのがおすすめです。壁や床の色と揃えれば統一感も出るため間違いがないでしょう。

寝具

寝具は引越し初日から必要になります。最低限、布団セットは用意しておきましょう。

ベッドが欲しい方は、ベッドフレームも揃えておきましょう。ベッド下に収納スペースがあるものを選べば、収納家具の代わりにもなり便利です。

机と椅子

机と椅子は、食事を取ったり勉強や仕事をするのに欠かせません。あらゆる動作の中心になるため、最初から用意しておくことをお勧めします。

部屋が狭く、机を置くことでより狭くなるのが嫌な方は、折りたためるテーブルを取り入れてみてください。使わない時は折りたたんで収納できるので、部屋を広く見せることができます。

まとめ

今回の記事では、一人暮らしや単身赴任の家具家電の選び方を解説しました。

一人暮らしの部屋は狭いため、あれもこれもと家具家電を買わずに、まずは最低限のみ揃えることをお勧めします。最初から色々と揃えてしまうと、設置したときに部屋が狭く感じたりイメージと異なってしまうかもしれないからです。部屋の広さや間取りに合わせて、適切な家具家電を用意するようにしましょう。

また、初期費用を抑えるならレンタルがお勧めです。レンタルすることで、購入よりも安い値段で、必要最低限の家具家電を最小限の金額で揃えられます。欲しい家具や家電を格安で手に入れられるでしょう。
レンタルのメリットはそれだけではありません。家までの運搬サービス、扶養時の返品の手軽さ、故障時の対応など非常に多くのメリットがあると言えます。

これから一人暮らしをする予定の方は、ぜひレンタルサービスの利用を検討してみてくださいね。

お問い合わせ

お気軽にお見積・お問い合わせください

カート
トップへ戻る