カテゴリーから探す

3人暮らし

商品一覧

お支払い方法について

お支払い方法は年額払いと月額払いの2種類を選択いただけます。
※らくらくライフのご注文は商品点数2点以上なおかつ、商品合計金額月々2,000円以上になります。
(セット商品は1セットからご注文可能です)

※月々払いはクレジットカード払いのみとなります。
※月々レンタルの場合、最低ご利用期間は1年間となりますのでご了承下さいませ。
※一度のご注文で異なる支払い条件(月額払いと年額払い)を選ぶことはできません。
※支払い条件を変更する場合は、カートの中身を空にする必要があります。

年額払いに変更する

年額払いの方は上のボタンをクリックして年額払いに変更して商品のレンタルにお進みください。

3人暮らしはどんな部屋を選べば良い? コツやおすすめの間取りを徹底解説

「3人暮らしにおすすめの部屋は?」

と気になっている人もいるでしょう。

夫婦に子供が一人いる3人暮らしの場合、今後のことを考えて部屋を探すこともあると思います。3人暮らしにはどんな部屋や間取りが向いているのでしょうか。

今回の記事では、3人暮らしで部屋を探している方に向けて以下のことを解説します。

  • ・3人暮らしの部屋選びのコツ
  • ・3人暮らしに向いている間取り
  • ・3人暮らしの注意点

今回の記事を読めば、3人暮らしに適した部屋を選べるようになります。ぜひ参考にしてくださいね。

3人暮らしの部屋選びのコツ

夫婦2人と子供1人の3人暮らしの場合、以下の3つのポイントを考えた上で部屋を探すのをお勧めします。

  • ・将来の家族構成
  • ・子供に安全な間取り
  • ・防音性

家族によって、どのポイントを重視するかは異なります。各ポイントの解説を見て、自分たちに合った部屋を見つける参考にしてみましょう。

将来の家族構成を考える

今は3人暮らしであっても、将来は変わるかもしれません。自分たちがこのまま3人暮らしで過ごすのか、それとも今後家族を増やしたいのかという点はよく考えるようにしましょう。

子供の人数に応じて子供部屋を持ちたい場合、必要な部屋の数が変わります。子供が一人の場合、子供部屋と夫婦の部屋を分けるとすると最低2LDKは必要になります。子供が増えると必要になる部屋の数も増えますし、夫婦それぞれが仕事部屋を持ちたいのであれば、より一層広い家が必要です。

家族の将来設計やどのような暮らしをしたいかよく考えた上で、適した部屋を選ぶようにしてください。

子供に安全な間取りかどうか

子供がまだ小さい場合、子供に安全な間取りかどうかという点も重要になります。

小さな子供の事故は家庭内で起きることが多いです。事故を防ぐためにも、家の安全性は部屋選びの段階でチェックするようにしてください。

例えば、対面キッチンであれば料理中でも子供に目が届きやすいです。子供がつまづきそうな段差の有無も確認しておきましょう。一緒に入ることを考えると、お風呂やトイレには十分な広さがある方が良いかもしれません。

防音性も確かめておこう

小さな子供がいるなら、騒音にも気をつけなければいけません。マンションやアパートなどの集合住宅だと、子供の発する声や音がトラブルにもつながります。

最低限、鉄筋コンクリートなど防音性の高い家を選ぶ、床にはカーペットやラグを敷く、夜は窓を開けないといった対策はしておきましょう。

また、周りに子供がいる家庭が多い物件を選べば、多少は寛容に受け止めてもらえます。騒音が気になるのであれば、ファミリー物件を選ぶと安心です。

3人暮らしの部屋の間取りは?

3人暮らしの場合、部屋の間取りの選択肢は主に以下の3種類です。

  • ・1LDK
  • ・2LDK
  • ・3LDK

1LDKは、ダイニングキッチンのあるリビングが1部屋とその他1部屋という間取りです。2LDKはさらに1部屋、3LDKは2部屋増えます。

ここでは各間取りの特徴を説明します。自分たちに合う間取りはどれなのか考えながらご覧ください。

1LDKは家賃が安い

1LDKは、子供がまだ幼い時におすすめの間取りです。他の間取りよりも家賃が安いため、住居にかかる費用を抑えたい方に向いています。

1LDKは一人暮らしや2人暮らし向けの間取りになっています。しかし、1つだけある個室を家族共同の寝室として使用すれば、3人でも十分暮らせるでしょう。

ただし、子供がある程度大きくなると狭く感じてしまうかもしれません。将来的に住宅の購入を考えていて、今は家賃を抑えて住宅購入費用を貯めたいという方におすすめです。

2LDKは子供が一人だけの家族におすすめ

2LDKはリビング以外に個室が2つあるため、1つの部屋を子供部屋に回せます。残り1つの部屋を夫婦の部屋にすれば、子供がある程度大きくなったとしても住み続けられます。

子供を二人以上持ちたいと考えているなら、2LDKだと部屋が足りないかもしれません。住宅の購入やより広い部屋への引っ越しも視野に入れた上で、期間限定の住居にするなら問題ないでしょう。

3LDKなら4人家族でも安心

3LDKなら、個室が3部屋あるため将来的に子供が2人になっても安心です。3人暮らしだと家族全員が個室を持てるため、より快適に過ごせるでしょう。

ただし、部屋が増える分1LDKや2LDKより家賃が高くなります。賃貸の場合、毎月支払う家賃額を考えると住宅を購入した方が安くなるかもしれません。

3人暮らしの注意点

3人暮らしのお部屋探しは1人暮らしや2人暮らしとは異なります。今まで1人暮らしや同棲をしたことがあっても、3人暮らし特有の注意点には気をつけるようにしましょう。

照明やエアコンはないことも多い

単身用の賃貸は、照明やエアコンが備え付けのことが多いです。しかし、ファミリー物件だと照明やエアコンは基本的についていません。そのため、自分で用意する必要があります。

照明は各部屋と廊下やトイレなどの共用スペース分だけ必要です。内見時に照明を取り付ける場所の数を確認するようにしてください。照明は入居初日から必要になるので、必ず前もって用意しておくようにしましょう。
エアコンは、部屋によって取り付けられる部屋と取り付けられない部屋があります。これも内見の時に確認しておきましょう。エアコンは照明と違って各部屋に取り付ける必要はありません。部屋の間取りによっては、リビングに一台だけでも十分な場合もありますので、夫婦で相談して設置する場所を決めておいてください。

高すぎる家賃は避ける

子供のことを考えると、なるべく広い部屋に住みたいと考える人も多いでしょう。 しかし、部屋が広くなるとその分家賃も高くなります。家賃は固定費であるため、家賃が高いと支払いが家計を圧迫し続けます。そのため、高すぎる家賃は避けた方が良いでしょう。

家賃が高いからといってすぐに引っ越せるわけではないので、部屋を選ぶ時は支払える家賃かどうかを慎重に考えるようにしてください。

初期費用を抑えるためにレンタルを活用

新生活を始めるとなると、新しく家具や家電を揃える必要があります。しかし、部屋の初期費用や引っ越し代などでお金がかかってしまうため、家具や家電の購入に予算を割けないといい事態に陥るかもしれません。

そういった時におすすめなのがレンタルサービスです。レンタルなら購入よりも安い値段で家具や家電を揃えられます。月払いであれば毎月数百円の負担で家具や家電を借りられるでしょう。
オーソドックスな家具や家電だけでなく照明も借りられるため、ファミリー物件の方も安心です。

まとめ

今回の記事では、これから3人暮らしをする方に向けて部屋を選ぶコツや各間取りの特徴を解説しました。

子供がいる場合は、1人暮らしや2人暮らしとは異なる視点で部屋を選ばなければいけません。特に部屋の安全性や騒音についてはよく確認をしておきましょう。間取りも、これからの家族構成や家賃など様々な点を踏まえた上で自分たちに合う部屋を選んでください。

注意点としては、ファミリー物件には照明やエアコンがないことと、家賃の金額が挙げられます。初期費用を少しでも抑えたいのであれば、家具や家電のレンタルがおすすめです。自分の予算や希望を踏まえて、ぜひレンタルサービスの活用も検討してみてくださいね。

お問い合わせ

お気軽にお見積・お問い合わせください

カート
トップへ戻る