カテゴリーから探す

老人ホーム・介護施設

商品一覧

お支払い方法について

お支払い方法は年額払いと月額払いの2種類を選択いただけます。
※らくらくライフのご注文は商品点数2点以上なおかつ、商品合計金額月々2,000円以上になります。
(セット商品は1セットからご注文可能です)

※月々払いはクレジットカード払いのみとなります。
※月々レンタルの場合、最低ご利用期間は1年間となりますのでご了承下さいませ。
※一度のご注文で異なる支払い条件(月額払いと年額払い)を選ぶことはできません。
※支払い条件を変更する場合は、カートの中身を空にする必要があります。

年額払いに変更する

年額払いの方は上のボタンをクリックして年額払いに変更して商品のレンタルにお進みください。

老人ホームや介護施設に家具家電は持ち込める? 持ち込めるものをまとめて紹介します

「老人ホームや介護施設の入居を考えている」
「身内が入居する予定だ」

という方もいるでしょう。

老人ホームや介護施設は、そこで働く職員に支えてもらいながら、豊かな老後を送ることができる施設です。歳を取ったり病気になると、入居を考えることもあるでしょう。

しかし、いざ入居するとなったときに何を持ち込めば良いのか悩んでしまうかもしれません。

そこで今回は。老人ホームや介護施設に備え付けられているものと自分で持ち込んだ方が良いものについて解説します。入居を考えているならぜひ参考にしてくださいね。

老人ホームや介護施設の持ち込みについて

老人ホームや介護施設にものを持ち込みたいときは、必ず以下の点について知っておくようにしましょう。

  • ・持ち込めるものは施設により異なる
  • ・個室と相部屋では持ち込めるものの範囲が変わる

各ポイントについて詳しく解説していきます。

持ち込めるものは施設により異なる

持ち込めるものは施設により大きく異なります。 例えば、要介護度が高い人向けまたは認知症の人が多い施設であれば、入居者の安全を守るためにも多くのものが持ち込み禁止になっているかもしれません。反対に、自立した高齢者を対象とした施設なら様々なものを持ち込める可能性が高いでしょう。

自分が入居する予定の施設がどういったところなどはあらかじめ調べておくようにしましょう。また、持ち込みたいものがあるならば、持ち込み可能かどうかを施設に問い合わせるようにしてください。

個室だと持ち込めるものの範囲が広い

複数人が一部屋で過ごす相部屋よりも、個室の方が持ち込めるものの範囲が広くなりやすいです。特にテレビやドライヤーなど音の出る家電は、相部屋だと持ち込み禁止のところが多いです。相部屋の中で一人が使える空間が狭いため、大型の家具も基本的には持ち込めないと考えるようにしてください。

音の大きな家電やサイズの大きな家具など、どうしても持ち込みたいものがある場合は、個室での入居を検討してみるのが一番です。施設に相談するときにも、個室なら持ち込み可能かどうかも聞くようにしましょう。

老人ホームや介護施設に備え付けられているもの

基本的に、老人ホームや介護施設にはある程度の家具家電が備え付けられています。どこまで備え付けられているかは、施設の規模や種類によっても異なりますが、生活していく上で欠かせないものはあると言えるでしょう。

ここでは、どの老人ホームや介護施設にも備え付けられている家具家電を4つご紹介します。

ベッド

施設で暮らすと考えたときに欠かせないのがベッドです。

寝たきりだったり歩くのが難しい方だと、1日をほぼベッドの上で生活することになります。そのため、施設には全自動でリクライニングをするベッドや、移動が楽になるように設計されたベッドが設置されています。高齢者に優しいベッドが備え付けられているので、自宅よりも快適にベッドの上で過ごせるようになるでしょう。

ただし、ベッドは用意されていても、シーツなどの寝具は自分で持ち込まなければいけない施設もあります。もちろん施設で事前に用意してくれている場合も多いので、事前に確認をしておきましょう。

カーテン

部屋に窓がある場合は、カーテンもセットで備え付けられていることが多いです。

色が自由に選べないのはデメリットですが、自分でサイズを測ったりする手間が省けるというメリットがあります。

エアコン

エアコンも、施設に備え付けられています。

エアコンは暑い夏や寒い冬を快適に過ごすためには欠かせない家電です。購入すると高いですが、多くの施設で備え付けられているため自分で用意する必要はないでしょう。

収納家具

タンスなど簡単な収納家具を備え付けている施設もあります

収納家具があれば、洋服や日用品など、自分の私物をしまっておくのにも困りません。ただし、施設に設置されている収納家具はサイズが小さいことも多いです。
そのため、大きな収納家具が欲しければ自分で持ち込む必要が出てきます。

老人ホームや介護施設に持ち込めるもの

老人ホームや介護施設に持ち込めるものは、主に以下の5つです。

  • ・日用品
  • ・衣服
  • ・タオルやシーツ
  • ・娯楽用品
  • ・お気に入りの家具や家電

これから老人ホームや介護施設に入居しようと考えているのなら、自分が何を持ち込むべきなのかということを知っておく必要があります。ぜひここで解説することを参考にして、持ち込むべきものについて知ってくださいね。

日用品

通常の生活で使うもののことを日用品と言います。例えば、歯ブラシや歯磨き粉、洗顔などの洗面用具、シャンプーやボディソープなどの風呂用品が挙げられます。他にも、老眼鏡や、爪切り、耳かきなど個人で使うものなども当てはまるでしょう。

こういった日用品は、個人で用意して持ち込まなければいけません。普段の生活を思い浮かべながら、必要なものをリストアップするようにしてください。

衣服

もちろん、衣服は自分で持ち込む必要があります。パジャマなどを貸し出している施設もありますが、寝たきりでないのなら普段着用する衣服を用意するようにしましょう。

衣服は自分が普段着ているもので構いません。しかし、寝たきりであったり介護が必要な状態なのであれば、脱ぎ着しやすいデザインのものを新しく用意しても良いでしょう。

タオルやシーツ

タオルやシーツ、などいわゆるリネン類も施設によっては自分で持ち込まないといけないかもしれません。

持ち込む量は、普段からどのくらいの頻度でシーツを変えたりタオルを使用するかによって異なります。また、介護を必要とする場合は、タオルが汚れる可能性も高く、よりたくさんの枚数が必要になる可能性もあります。

自分の生活や介護量に合わせた量を持っていくようにしてください。

娯楽用品

施設での生活を豊かにするために、娯楽用品を持ち込むのも良いでしょう。

本や雑誌があれば、時間があるときでも楽しく過ごせます。裁縫や編み物など、趣味に使う道具を持っていくのもおすすめです。将棋などもボードゲームを持ち込めば、他の入居者との交流にも役立ちます。

お気に入りの家具や家電

施設によっては、備え付けられていない家具家電を持ち込むことも可能です。自分の持っているお気に入りの家具家電を持ち込むことで、自宅気分で暮らせるようになるでしょう。

ただし、持ち込み可能かどうかは施設により異なります。テレビやドレッサー、収納家具、テーブルなどは持ち込める可能性が高いです。前もって施設に確認を取り、許可が出ればぜひ持ち込んでみてください。

まとめ

今回の記事では、老人ホームや介護施設の家具家電について解説しました。

老人ホームや介護施設には、最低限必要な家具家電が備え付けられています。施設によっては、より多くの家具家電がついているところもあります。

入居したい施設がある程度決まっているのであれば、備え付けの家具や家電について事前に問い合わせるようにしてください。そのうえで、何を持ち込むかという点を考えるのが良いでしょう。
特に日用品や衣類、タオルやシーツは生活をする上で欠かせないものになります。必要なものリストを作成して、持ち込む忘れがないように心がける

ただし、持ち込み可能なものの範囲は施設によって異なります。持ち込む前には、持ち込んで良いのかどうかも確認するようにしてくてくださいね。

お問い合わせ

お気軽にお見積・お問い合わせください

カート
トップへ戻る