カテゴリーから探す

ベッド・布団 レンタル

商品一覧

お支払い方法について

お支払い方法は年額払いと月額払いの2種類を選択いただけます。
※らくらくライフのご注文は商品点数2点以上なおかつ、商品合計金額月々2,000円以上になります。
(セット商品は1セットからご注文可能です)

※月々払いはクレジットカード払いのみとなります。
※月々レンタルの場合、最低ご利用期間は1年間となりますのでご了承下さいませ。
※一度のご注文で異なる支払い条件(月額払いと年額払い)を選ぶことはできません。
※支払い条件を変更する場合は、カートの中身を空にする必要があります。

年額払いに変更する

年額払いの方は上のボタンをクリックして年額払いに変更して商品のレンタルにお進みください。

ベットメンテナンス動画

快眠できるベッドの選び方|眠りの質はベッドサイズとマットレスで決まる

「ベッドを新調したい」 「自分に合ったマットレスがほしい」

と考えている方も多いでしょう。

睡眠は人生の3分の1を占める非常に重要な時間です。眠りの質は生活の質にも直結するため、寝具はなるべく自分に合ったものを選びたいと思う人もたくさんいるはずです。

しかし、最近は寝具の種類も増えており、どうやって選べば良いのか、どれが自分に向いているのかがわからないと感じることもあるでしょう。

今回の記事では、寝具を新しくしたいと感じている人に向けて、ベッドやマットレスの選び方を解説します。ぜひ参考にしてくださいね。

ベッドのサイズの選び方

ベッドを選ぶ時はサイズが重要です。自分の身長や暮らしに合わせて選ぶのはもちろんですが、部屋の広さや好みを踏まえて選ぶとなおさら良いでしょう。

ベッドのサイズは小さい順にセミシングル・シングル・セミダブル・ダブル・キングです。ここでは各サイズを選ぶときのポイントとおすすめの生活スタイルを紹介します。

狭い部屋ならセミシングルがおすすめ

セミダブルは、縦195センチ、横が98センチ未満のサイズです。成人が寝返りを打つには最低70センチの横幅が必要と言われています。そのため、セミダブルの横幅は70センチ以上の長さになっています。

狭い部屋でも圧迫感を感じずに置けるので、ワンルームや子供部屋におすすめのサイズです。とりあえずベッドが欲しい方やベッドの広さにこだわりがない方に向いています。

1人ならシングルが安心

一人暮らしの定番はシングルベッドです。シングルは縦195センチ、横幅98センチです。
部屋が6畳程度であれば問題なく置けるでしょう。初めての一人暮らしなど、ベッド選びに困ったときはシングルを選んでおけば安心です。

広々と寝たいならセミダブル

一人で使うけど広々と寝たい、と思う方にはセミダブルがおすすめです。セミダブルは縦195センチ、横幅120センチです。
セミダブルは少し狭いですが、2人で寝るのにも使えます。そのため、恋人がたまに泊まりに来るといった時などにも対応できます。もちろん、一人でゆったりと寝たい方にも最適なサイズです。

2人で寝るならダブル

二人暮らしをしていて、普段から二人で寝るなら最低限ダブルのサイズは必要です。ダブルは縦幅195センチ、横幅140センチです。
先述しましたが、成人が寝返りを打つに70センチの横幅が必要になります。そのため140センチのダブルサイズであれば、二人で並んでもある程度の余裕を持って寝ることができるでしょう。

2人でゆったりクイーン

ダブルよりも少し広めのベッドで、二人でくつろいで寝たいのであればクイーンサイズを選択すると良いでしょう。クイーンは縦幅195センチ、横幅160センチです。
クイーンはホテルの良い部屋でも使われているサイズで、二人並んでもストレスなく眠れます。眠りの質を良くしたいのであれば、クイーン以上のサイズを選択するようにしてください。

キングはシングル2つ分

キングはシングルベッド2つ分のサイズで、縦幅195センチ、横幅180センチです。
クイーンよりもさらに広々としていて、小さなお子様と3人で寝る場合にも向いています。相手の寝返りや寝息を気にせず眠りたいという場合にも最適なサイズです。

マットレスの選び方

質の高い眠りのためには、ベッドだけでなくマットレスも重要です。マットレスは硬さで選ぶようにしましょう。
マットレスの硬さは、中に入っているものによって変わります。ここでは全部で4種類の硬さをご紹介します。

低反発マットレスは柔らかさが心地よい

低反発マットレスは柔らかい素材でできています。そのため、寝転ぶと体にフィットして包み込まれるような心地よさを体感できます。冬は包み込む感じが暖かさにも繋がるのでより快適に感じるでしょう。
ただし、体重の重い人が低反発マットレスを使用すると、沈み込みすぎて逆に不快感を感じてしまいます。マットレスがへこんで元の形に戻らなくなるかもしれません。

高反発マットレスは寝返りが楽

高反発マットレスは、反発力の強い素材でできています。

反発性が高いため、体重が重い方が使っても最適な姿勢で寝ることができるでしょう。程よい反発を受けて楽に寝返りが打てるというメリットもあります。

高反発マットレスは、人によっては硬くて寝づらいと感じてしまうかもしれません。購入する前には、実際に座ったり寝転んでみて寝心地を確認するようにしてください。

コイル式マットレスは2人使用向き

コイル式マットレスは、その名の通りマットレスの中にコイルが入っていて、金属でできたコイルが点で体を支えてくれます。適度な反発力を感じながら、体に負荷のない姿勢で眠るのに向いているマットレスです。

コイル式マットレスにはコイルが一つずつ独立して入っているため、隣で人が寝ていても寝返りの振動を感じにくいというメリットがあります。そのため、二人で並んで寝るならコイル式マットレスを選択すると良いでしょう。

デメリットとして、体重の重い方が使用するとコイルが傷みやすいということが挙げられます。また、安いものだとコイルの感触を直に感じてしまうこともあります。

ファイバーなら丸洗いも可能

ファイバーでできているマットレスなら丸洗いができます。衛生面を重視したいなら、ファイバーを選ぶのが一番です。
ファイバーには通気性が高いというメリットもあります。マットレスはどうしてもカビが生えやすいので、そういった点を心配している方にもおすすめです。

ベッドや布団はレンタルもおすすめ

ベッドや布団は購入するだけでなくレンタルという選択肢もあります。むしろ、人によっては購入よりもレンタルの方が向いているかもしれません。
ベッドやマットレスをレンタルするメリットは以下の3つです。

  • ・購入よりも安い
  • ・好きなサイズを試せる
  • ・家まで運んでくれる
  • 各メリットについて確認していきましょう。

    購入するよりも安い

    レンタルの最大の魅力はなんといっても値段の安さです。購入よりも安く寝具を揃えることができるでしょう。
    特に新生活を始めたタイミングだと、家の初期費用など何かとお金がかかります。寝具にお金をかけられないという場合でも、レンタルを活用すれば十分に良い寝具を用意できます。出費を抑えつつ、ベッドやマットレスを揃えたい時にはぜひレンタルを活用してみてください。

    好きなサイズを試せる

    どのベッドのサイズが自分に合っているかは、実際に何回か寝てみないとわかりません。しかし一度ベッドを購入してしまうと、自分に合わないサイズだからといって簡単に買い換えることはできないでしょう。

    レンタルなら、新しいベッドに変更するハードルが、購入よりも低くなります。中途解約料がかかる場合もありますが、それでも購入よりは気軽にサイズを変更できるはずです。
    そのため、ベッドのサイズを試してみたい時にもレンタルがおすすめです。

    家まで運んでくれる

    ベッドやマットレスは重く、自分で部屋まで運ぶのはかなり大変です。店やネットショップで購入すると、家の前までは運んでくれますが玄関から部屋までは自分で運ぶ必要が出てきます。
    レンタルサービスなら、基本的に家の中まで運び入れてくれます。そのため、重いベッドやマットエレスを運ぶ手間がかかりません。少しでも楽をしたいならレンタルが向いているでしょう。

お問い合わせ

お気軽にお見積・お問い合わせください

カート
トップへ戻る