カテゴリーから探す

管理会社・大家さん

商品一覧

お支払い方法について

お支払い方法は年額払いと月額払いの2種類を選択いただけます。
※らくらくライフのご注文は商品点数2点以上なおかつ、商品合計金額月々2,000円以上になります。
(セット商品は1セットからご注文可能です)

※月々払いはクレジットカード払いのみとなります。
※月々レンタルの場合、最低ご利用期間は1年間となりますのでご了承下さいませ。
※一度のご注文で異なる支払い条件(月額払いと年額払い)を選ぶことはできません。
※支払い条件を変更する場合は、カートの中身を空にする必要があります。

年額払いに変更する

年額払いの方は上のボタンをクリックして年額払いに変更して商品のレンタルにお進みください。

大家さん必見!物件を簡単に家具家電付きにする方法を解説します

一人暮らしや単身赴任の方から人気なのが家具家電付き物件です。自分で家具や家電を揃える必要がなく、少ない荷物で引越しができるのが大きな魅力。

しかし、大家さんや管理会社からすると「家具家電物件は準備や管理が大変」というイメージがあるのではないでしょうか?

今回は、物件を貸し出している大家さんや管理会社の方に向けて以下の3つを解説します。

  • ・家具家電付き物件にするメリットとデメリット
  • ・物件に備え付けるおすすめ家具家電5選
  • ・簡単に家具家電付き物件にする方法

今回の記事を読めば、誰でも家具家電付き物件について詳しくなれるうえに、家具家電付き物件は大変というイメージを払拭することができます。興味のある方はぜひ参考にしてくださいね。

家具家電付き物件にするメリット

そもそも、物件を家具家電付きにするメリットは何なのでしょうか?

利用者からするとメリットがたくさんあるのはわかりますが、管理者からすると面倒なだけのようにも感じるかもしれません。

家具家電付き物件にすることによって、大家さんや管理会社が得られるメリットは以下の2つです。

  • ・空室対策ができる
  • ・家賃を上げられる

どちらのメリットも、できるだけ多くの人に入居してもらいたい、そして利益を増やしたい、と考えている人にとっては無視できないことです。各メリットについて詳しくみていきましょう。

空室対策ができる

家具家電付き物件の最大のメリットは、空室対策ができるということです。

学生や単身赴任の方からすると、家具や家電がついているというだけで物件の決め手になります。
単身者向けの物件なのに空室がある場合や、うまく入居者が集められていないのであれば、家具家電を導入するだけでも十分な対策になるでしょう。

家賃を上げられる

家具家電がついているというだけで、人気物件になります。入居したいという需要が増えるため、多少家賃を上げても入居者が集まるでしょう。

物件の立地や入居者層にもよりますが、1万円程度なら値上げすることができます。

そのため、家賃を上げたい、入ってくる利益を増やしたいと考えているなら家具家電付きにするのがおすすめです。

家具家電付物件のデメリット

もちろん、物件に家具と家電をつけるのはメリットばかりではありません。以下のようなデメリットもあります。

  • ・初期費用がかかる
  • ・管理が大変

費用や手間がかかってしまうという点でみると、やはり管理者の負担は大きいと言えます。

家具や家電を備え付けようと考えているなら、前もってデメリットについても知っておくようにしてください。

初期費用がかかる

持っている物件の数や、部屋に置く家具家電の数にもよりますが、家具家電付き物件にするにはかなりの初期費用がかかります。ある程度の資金を用意した上で、取り組むようにしてください。

ただし、初期費用を抑える方法はあります。例えば家具や家電を新品ではなく中古品にするだけで、初期費用はかなり安くなるでしょう。

それだけでなくレンタルという方法もあります。この方法については後ほど詳しく解説します。

管理が大変

家具や家電は設置したら終了というわけではありません。

入居者が入居する前には正しく作動するかの確認、退去後にはメンテナンスが必要になります。それだけでなく、故障した時の修理対応もしなければいけません。

通常の物件と比べて、家具や家電分の管理もしなければならないため、手間は格段に増えるでしょう。

備え付けにおすすめの家具家電5選

物件に備え付ける家具や家電の中でも、おすすめなのが以下の5つです。

  • ・冷蔵庫
  • ・電子レンジ
  • ・炊飯器
  • ・洗濯機
  • ・机と椅子

これらの家具家電は、いずれも生活をする上で欠かせないものになっています。そのため入居者からすると、この5つの家具家電が揃っているだけで新生活の初期費用がかなり抑えられるという風に感じます。

冷蔵庫や電子レンジ、炊飯器は自炊をしない人にとっても必要な調理家電です。特に2ドアタイプの冷蔵庫は人気であり、設置しているだけで他の物件と差がつきます。

洗濯機は持ち込みや購入にお金がかかる分、備え付けられると喜ばれます。机と椅子はご飯を食べたり、勉強や仕事をするのに必要です。

家具家電付き物件にしたいならレンタルがおすすめ

家具家電付き物件にしたい、でも初期費用や手間がかかるのは面倒、という方におすすめなのがレンタルサービスです。レンタルのメリットは以下の3つ。

  • ・初期費用を抑えられる
  • ・家具家電の入れ替えも簡単
  • ・故障時の対応も簡単お任せ

家具や家電をレンタルすれば、管理者にかかる負担をまとめて減らすことができます。

初期費用を抑えられる

レンタルサービスを導入する最大のメリットは、初期費用を抑えられるということです。

購入だと、家具家電ひとつにしても数万円の費用がかかります。しかしレンタルならその何分の1の値段で家電を揃えられます。最近では月払いのサービスを提供しているところもあり、一つ当たり月数百円の負担で借りられるでしょう。この程度の値段であれば負担も少なく、家具家電を揃える初期費用を用意しきれない場合でも安心です。

新生活向けの家具や家電のセットを、管理者に提供しているサービスもあります。このセットを利用すれば、入居者から需要が高い家具や家電を一気に用意できます。セットを利用することで単品で借りるよりもレンタル料金が安くなるのも魅力です。
その他、レンタルサービスによってはまとめてレンタルすることで割引してくれるところもあります。このようなサービスを活用すると、より一層初期費用を安くできるはずです。

家具家電の入れ替えも簡単

部屋に備え付ける家具や家電を増やしたい、減らしたいという時にもレンタルが便利です。増やしたいのであれば、新たに少しだけ費用を支払って追加すれば良いですし、減らしたい場合も多少中途解約料はとられますが、依頼をすればすぐに引き取ってもらえます。

家具や家電を一度購入してしまうと、家具や家電の変更のハードルは高くなります。しかし、レンタルであれば、例えば入居者の需要に合わせてすぐに変更できます。 柔軟に対応できるのはレンタルだけのメリットと言えるでしょう。

故障時の対応も完全お任せ

故障した時の対応は、レンタルサービスに完全依頼することが可能です。

基本的に、レンタルした家具や家電が故障したときは業者が無償で引き取ってくれます。それだけでなく変わりの家具や家電もすぐに持ってきてもらえます。

そのため、家具や家電に対する管理者への負担はかなり少なくなるでしょう。

まとめ

今回は家具家電付き物件のメリットやデメリットを、管理者目線でお伝えしました。

家具や家電がついているだけで、入居したいと感じる人が増えます。そのため、空室対策や家賃を上げたい時には最適な方法と言えるでしょう。おすすめの家具家電も紹介しているので、何から設置すれば良いかわからない方はぜひ参考にしてください。
ただし、物件に家具家電をつけるのはメリットばかりではありません。初期費用がかかったり管理に手間がかかるため、ある程度の覚悟はしておいた方が良いです。

デメリットを緩和する方法としては、レンタルサービスがおすすめです。レンタルであれば購入より初期費用が抑えられますし、管理も業者にお任せできるのでかなり楽になります。
自分の物件に家具や家電をつけようと考えている方は、ぜひレンタルサービスを活用してみてください。

お問い合わせ

お気軽にお見積・お問い合わせください

カート
トップへ戻る